タクシー会社に転職するには資格についても知っておくべき

タクシー運転手になるためには

履歴書

一般免許とは違う免許

タクシー会社に就職をして、タクシー運転手として働くためにはまず免許が必要です。その必要な免許は、二種免許です。二種免許の取得方法は、普通免許をまず取得してから三年の時間が必要なので、転職をする際も計画的に準備を始める必要があります。またタクシーの運転手には、年齢という規定が存在します。それは、まず二種免許を獲得してからしかタクシー運転手として始められないので最短でも21歳からのスタートになります。そして、定年退職は会社の規定により決まっています。

男性の適職

私達が生活する中にはさまざまな職業があります。その中でも男性に適職だとされているものにタクシー運転手も含まれています。タクシー運転手は基本的に、昼夜のシフトに分かれた勤務体制になっており、人によっては1日トータル8~9時間運転することもあるでしょう。かなりの体力勝負と言えます。また深夜の警備員バイトも、不審な人物やトラブルから建物を守る為、女性よりも男性の方が適していると言えます。一口に警備とは言っても種類は豊富で、ビルや鉄道、空港など希望の勤務地を自由に選べるのは嬉しいですね。

運転技術の良さを仕事で活かそう

車の運転技術に自信があるのであれば、タクシー運転手のお仕事がオススメです。求人を募集しているところも多いため、自分の希望にあった求人を探しましょう。

転職をする時に重視すること

no.1

転職の本来の目的だから

やはり一位に登りつめたのは、自分の好きであるやりたい仕事を選ぶとの声が多かったです。最初は家族が臨む方向への就職をしたけれど合わないと思った時に、原点に帰るとこの答えが出るようです。

no.2

仕事をする上で必要なこと

仕事をするのであれば、その職種の専門性の高さのためにスキルアップ出来るのはとても大切なことです。その専門性が自分に身についた時のやりがいを求めて選ぶ人も多いです。

no.3

毎日の業務が結果になる

毎日の仕事で業務自体そのものが後で大きな結果として残る仕事は、達成感ややりがいを感じるものです。だからこそ結果を感じられる職種を選ぶ傾向にあるようです。

no.4

取得した資格で活躍できる

せっかく資格を持っているのであれば、その資格を転職に役立てないと意味がありません。そのため、資格を活用して現場で活躍の出来る仕事を選ぶとの声がありました。

no.5

誰かの役に立つ仕事をしたい

人は何かしら人の役に立ちたいと言う願望があります。だからこそ、今の仕事を見直して、今度は人の役に立てる仕事に就きたいと思う人も多いようですよ。

転職という道

転職は自分の仕事を見直す良いチャンスだといえます。今の仕事から真逆で、会社員からプロのタクシー運転手になったとしてもOKなのです。自分のやりたい仕事につくことが大切です。

面接で好印象を残そう

実際に、タクシー会社に面接を受ける時に必要なチェックポイントを紹介していきます。ピンポイントに絞って説明しているので、忙しくてもきちんと確認して実行するようにしましょう。

面接の時のチェックポイント

  • タクシー会社の面接を受ける時は黒系のスーツ
  • スーツに合わせる靴はきちんと磨いておくこと
  • ヒゲや髪型をきちんと整えて清潔感を出す

転職の不安を解消しよう

前職とは違うけれど、タクシー運転手へ転職したいと思った時に不安があるままでは進めづらいですよね。そんな時には、タクシー運転手の職業のことについて知る必要があります。質問コーナーでよくある疑問を紹介しています。

タクシー会社への転職に向けてみんなの疑問にお答えします

勤務時間を教えてください

勤務するタクシー会社によって勤務時間は変わる可能性はあります。大体の会社は勤務時間が二種類あって、8時間勤務の日勤タイプや約2日分働いた翌日は確実に休みになる勤務スタイルもあります。

正社員じゃない形態もありますか?

あります。勤務時間が決められていて、パートやアルバイト感覚で働くことができます。定時時間が決まっているので、会社員のような時間軸で働くことが可能です。

ダブルワークとして働きたい

こちらもタクシー会社の決まりによって、規定が異なります。しかし、決められた時間を働けるのであればダブルワーク可能な会社もあるでしょう。まずは会社へ問い合わせて確認することが必要です。

運転が好きだからという志望動機は駄目ですか?

素晴らしい志望動機だと言えます。タクシー運転手は長時間運転をしなければならないので、運転が好きでないと出来ない仕事といえるでしょう。